スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)

 臨時特急電車を撮影しようと線路内に立ち入ったとして、奈良県警西和署は兵庫県尼崎市の男性会社員(50)を鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)容疑で書類送検した。鉄道撮影の愛好家「撮り鉄」によるトラブルは各地で相次いでいるが、立件するのは異例。同署は「大事故につながる可能性があり、警鐘を鳴らす目的もある」としている。

 同署によると、書類送検は3日付。容疑は5月9日午前9時50分ごろ、奈良県斑鳩町のJR関西線王寺−法隆寺間で、下り線路脇に三脚を立てるため立ち入ったとしている。計7本が運休するなど約1300人に影響した。

 会社員は、JR西日本が平城遷都1300年祭などに合わせて新大阪−奈良間で4〜6月限定で運行している「まほろば」を撮影しようとしていた。「道路で撮っていたが、車の通行量が多かったので侵入した」と容疑を認めているという。【岡奈津希】

【関連ニュース】
鉄道事故:女性が「のぞみ」と接触、腕切断 JR新尾道駅
山陽新幹線:作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で
JR西日本:試運転の新型車両から部品落下
JR西日本:南谷元社長が退職へ 遺族や被害者対応は継続
JR関西線:「撮り鉄」侵入、列車7本に影響 奈良・斑鳩

<労災認定>会社員自殺はパワハラが原因 島田労基署(毎日新聞)
政治とカネ「逆風収まらず」民主地方は今も反発(読売新聞)
大相撲行司、罪状認める=千葉地裁(時事通信)
中国大使館侵入男、ウアルカイシ容疑者と確認(読売新聞)
大阪府庁に火を噴く巨大ロボ登場(産経新聞)

全国で30人追加提訴=原告、首相辞任に「困惑」―B型肝炎訴訟(時事通信)

 集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者と遺族らが国に損害賠償を求めているB型肝炎訴訟で、新たに患者ら30人が2日、札幌、福岡など全国8地裁に追加提訴した。全国弁護団によると、原告数は10地裁で450人となった。
 福岡市で記者会見した全国原告団代表の谷口三枝子さん(60)は、辞任表明した鳩山由紀夫首相について「突然の辞任に困惑しているが、命にかかわる問題なので、大臣や政府が代わろうとも、新しい政府に一日も早い謝罪と救済を求めることは変わらない」と話した。 

赤松農水相の動画に非難殺到 にやけた表情で「早く殺せって言ってる」(J-CASTニュース)
退陣前にねぎらい次々=鳩山首相(時事通信)
万博日本館の人気定着、待ち時間連日3時間(読売新聞)
「ジャガー」が50万円から! 兵庫・芦屋市が6月29日に差し押さえ品公売(産経新聞)
財政再建、調整難航も…公約「消費税」明記焦点(読売新聞)

塩酸など325キロ購入、無登録で高校生に転売(読売新聞)

 福岡県警は25日、無登録で爆発物の原料となる塩酸などを販売したとして、同県行橋市の会社員の男(25)を毒劇物取締法違反(無登録)容疑で福岡地検に書類送検した。

 必要な書面を受け取らずに男に販売したとして、化学工業薬品販売会社(東京)と同社福岡支店営業部長(54)も同法違反(譲渡手続き不備)容疑で書類送検した。

 発表によると、男は昨年12月、同支店から塩酸や硝酸など計325キロを購入。県に毒劇物販売の登録をせず、塩酸と硫酸計1・6キロをネットオークションに出品、山梨県の男子高校生(当時)に販売した疑い。「転売してもうけたかった」と容疑を認めているという。

 同社と営業部長は、同法で定められた購入者などを記載する書面の提出を受けずに男に販売した疑い。

 男は昨年8月以降、薬品会社や農協などから約40種類の薬品(1トン)を35万円で購入。ネットオークションで約170人に18万円分転売した、と供述している。

 県警は、塩酸や硝酸など7種類の薬品を購入した30人から用途を聞いている。男子高校生は「量販店より安かったのでトイレの洗浄剤として購入して使った」と説明しているという。

政権運営で自己点検を=首相に苦言呈す―連合会長(時事通信)
社会全体で育児支援を=子ども手当の重要性強調―10年版白書(時事通信)
<口蹄疫>「種牛5頭守れ」 宮崎県、新畜舎を建設(毎日新聞)
羽生名人、4連勝でタイトル防衛(読売新聞)
社民、連立残留へ…政権内で「県内反対」主張(読売新聞)

マンション室内で刺される?男性2人心肺停止、1人負傷 大阪(産経新聞)

 14日午後5時10分ごろ、大阪市西淀川区歌島のマンションの一室で、「部屋の中で2人倒れている。私もけがをしている」と男性から119番があった。市消防局によると、室内で35歳と41歳の男性2人が血を流して倒れており、病院に搬送されたが心肺停止の状態。ほかに住人とみられる44歳の男性1人が右手首を負傷し、病院に運ばれた。いずれも刺されたような傷があったという。

【関連記事】
「いきなりやられた」小5女児、友人の母に腹刺される
大阪・豊中で10歳女児が友人の母親に刺される
タクシー運転手刺される 男3人、現金4万円奪い逃走
口論原因か、男性胸刺される 知人を逮捕 島根
岡山・倉敷で母子3人刺される 同居の男を逮捕
少子化を止めろ!

普天間問題 首相責任論に予防線 参院選ダメージ回避へ…民主結束フォロー(産経新聞)
金融界の主張、「やくざと一緒」=郵政見直しへの批判で―亀井氏(時事通信)
海の生態系保全、漁業規制につながる決議案(読売新聞)
「いつか宇宙へ戻りたい」 宇宙飛行士の山崎さん帰国会見(産経新聞)
床に長女たたきつける 傷害容疑で母親逮捕(産経新聞)

民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で−日医連(時事通信)

 日本医師会(日医)の政治団体である日本医師連盟(日医連、委員長・原中勝征日医会長)は11日に執行委員会を開き、今夏の参院選比例代表で、民主党新人の安藤高夫氏を推薦し、自民党現職の西島英利氏、みんなの党の清水鴻一郎元衆院議員を支援することを決めた。
 日医連は昨年1月に西島氏の推薦を機関決定したが、「親民主」を掲げて日医会長に当選した原中氏は当初から西島氏の推薦を撤回する意向を示していた。ただ、長年自民党と協調路線を取ってきた日医内には異論もあって意見がまとまらず、同日の執行委で原中会長に扱いが一任された。
 同会長は「苦渋の選択をした。わたしたちがいろんな思いを実行しようとするとき、やはり政権与党という立場を考えなければならない」と安藤氏を推薦とした理由を説明した。 

【関連ニュース】
勝利への展望開けず=遅れる候補者選び

百万円不正請求で訪問介護事業所指定取り消し―奈良(医療介護CBニュース)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
千葉・医療再生の序章(中)―東部の二次医療圏に救命救急センターを(医療介護CBニュース)
<高齢者住居詐欺>容疑の社長逮捕へ 神奈川県警(毎日新聞)
としまえん「フライングカーペット」で少年転落(読売新聞)

熱い思い 心つなぐ 全国の被災地へ食器送り激励(河北新報)

 岩手・宮城内陸地震など全国の被災地に食器類を送る「お茶わんプロジェクト」を続ける神戸市のNPO法人「ひまわりの夢企画」代表の荒井勣(いさお)さん(64)が28日、宮城県栗原市築館の市市民活動支援センターで講演会と住民との交流会を行う。これまでの活動をまとめた荒井さんの本「お茶わんプロジェクト」の出版を記念した。
 荒井さんは阪神大震災の被災者。当時、被災者を元気づけようと空き地にヒマワリを植えたことから、地元神戸では「ひまわりオジサン」の愛称で知られる。
 お茶わんプロジェクトは2004年の新潟県中越地震をきっかけに始まった。阪神大震災で食器類が壊れて困った自分の体験から、全国に提供を呼び掛け、被災地で無料食器市を行った。続いて07年の新潟県中越沖地震、08年の岩手・宮城内陸地震で行い、岩手・宮城内陸地震のときは栗原市に段ボール約450箱分の食器を配布した。
 出版された本では、活動に携わるボランティアや被災者らからのメッセージ、新聞記事、写真などを載せた。重い食器を運ぶ大変さよりも「だれもやらないから、やる価値がある」と、神戸から軽ワゴン車で12時間かけて栗原市に来た荒井さん。その情熱と笑顔にほだされ、栗原市社会福祉協議会、民間野外活動施設「くりこま高原自然学校」など協力の輪が広がった。
 「奪い合えば足りぬ。譲りあえばあまる」。栗原市内の無料食器市ではこんなポスターで被災者を和ませた。自然学校の佐々木豊志校長は「たくさんの心がつながることができた」と本の中で記している。
 また、被災した夫婦から「避難所を出てから初めて瀬戸物の食器でご飯を食べて、うれしくて、うれしくて…。忘れられなくなったね」と声を掛けられたボランティアの話も紹介している。感謝の思いが、今度は栗原から昨年8月の集中豪雨で被害を受けた兵庫県佐用町への食器提供という恩返しにつながっていく。
 講演会は第1部が午後1時半、第2部は同6時開始。各部の先着30人に本(1050円)を無料で提供する。交流会は午後2時40分〜3時半。講演会、交流会ともに参加無料。連絡先は市社協0228(23)8070。


元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述−兵庫県警(時事通信)
焼け跡から2遺体、首に圧迫の跡…富山(読売新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴(産経新聞)
政府目標、達成厳しい=次世代車普及で−自工会会長(時事通信)
《妻子に心残りしか》…亡き息子に捧ぐ慟哭4首 JR福知山線脱線5年(産経新聞)

またキリスト教会に消火器…大阪と兵庫で2件(読売新聞)

 22日未明から早朝にかけて、大阪府吹田市と兵庫県宝塚市のキリスト教の教会計2か所に、消火器が投げ込まれたのが見つかった。

 大阪、兵庫両府県警は近畿各地の教会施設で50件以上相次いでいる器物損壊事件との関連を調べている。

 発表では、同日午前0時5分頃、吹田市津雲台の日本キリスト改革派千里摂理教会で、1階玄関の窓ガラス1枚が割られ、室内に消火器が転がっているのを、音に気づいた男性牧師(52)が発見した。

 また、同日午前5時10分頃、宝塚市中州の宝塚栄光教会で、1階窓ガラスが割られ、消火剤がまかれているのを女性スタッフ(35)が見つけた。

「東国原、橋下氏とは政策連携」舛添氏、新党を否定 午後会談へ (産経新聞)
<NHK>受信契約求めホテル事業者を提訴 千葉 (毎日新聞)
<毎日デザイン賞>表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌(毎日新聞)
女子中学生にも性的暴行容疑=英会話教室の米国人再逮捕−福岡県警(時事通信)
アパート火災で2人死傷 東京・足立(産経新聞)

舛添新党不発…“重大発表”予告にマスコミ集結も肩すかし(スポーツ報知)

 新党旗揚げは肩透かしに終わった。自民党の舛添要一前厚労相(61)が14日、静岡市で行われた同党の牧野たかお参院議員(51)の激励会で講演を行った。前日から会場での重大発言を示唆していたが、新党構想については一切語らず。いつもの党執行部批判と牧野氏への激励を終えると滞在時間わずか21分でとんぼ返りした。一方、舛添氏との連携がささやかれていた橋下徹大阪府知事(40)と東国原英夫宮崎県知事(52)は参院選出馬を否定。人気知事を巻き込もうという舛添構想は、当てが外れた形だ。

 東京から静岡駅前のホテルへ押し寄せた報道陣は約90人。激励会会場にはテレビカメラ15台がずらりと並んだ。だが、約15分間のスピーチでは、党内外を揺るがす言葉は一切でなかった。

 「きのう、どっかが橋下知事と手を握るって勝手に書いたけれど、もう握っている」と、新型インフルエンザ問題で橋下知事と共闘したことでけむに巻くと、大阪府を中国でいえば香港にあたる経済特区にする構想を改めて披露。自民党執行部への失望感と、打倒・民主党政権の必要性は説いたが「新党結成の意思は?」という報道陣の問いかけには、口を閉ざしたまま立ち去った。

 午前中は国会内で「あらゆる可能性は残している」と離党の可能性もちらつかせたが、明言は避けた。親交のある両知事とは新党結成ではなく、政策面で連携する方針を強調した。

 両知事はこの日、参院選出馬には消極的な姿勢を相次いで表明。主催する党内勉強会の主要メンバーである菅義偉元総務相や塩崎恭久元官房長官らと会合した舛添氏は、来週開催のシンポジウムに東国原知事を招待するプランを断念。15日に上京する東国原知事と意見交換するにとどめる予定だ。「皆さんは新党、新党とそっちに話がいっちゃうけど、まず経済活性化が大事。そこから先はご自由にご想像ください」(舛添氏)

 世論調査では「首相にふさわしい政治家」トップにあげられている舛添氏の煮え切らない態度に、党内では「本当の狙いは来年4月予定の東京都知事選への出馬ではないか」(都選出議員)との憶測も飛び交っている。

 【関連記事】
舛添氏「あらゆる可能性ある」東国原知事と15日面会へ
舛添氏、新党旗揚げも…東国原知事、橋下知事との連携模索
橋下氏、舛添氏との連携を強く否定
舛添氏、橋下氏や東国原氏との連携模索 新党結成視野に

21日に党首討論 民・自が合意(産経新聞)
事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)
<男性死亡>短期マンションで腹部刺され 外国人か…三重(毎日新聞)
また幼児虐待?大阪・堺で男児死亡…顔に打撲跡(読売新聞)
<雑記帳>まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)

直嶋経産相、衆院選マニフェスト修正に含み(産経新聞)

 直嶋正行経済産業相は13日の閣議後会見で、夏の参院選マニフェスト(政権公約)に関して、小沢一郎幹事長が衆院選時のマニフェストから修正すべきではないと発言したことについて、「議論は始まったばかり。財政的な問題もあり、議論の成果として改めることは十分ありうる」と述べ、修正を選択肢として排除すべきではないとの見方を示した。

 参院選のマニフェスト作りをめぐっては、小沢幹事長が衆院選マニフェストの骨格を維持する考えを示しているのに対し、仙谷由人国家戦略担当相は“ばらまき批判”に配慮して消費税率引き上げ明記の検討を表明するなど、与党と政府間で意見が分かれている。

 直嶋経産相は修正に含みを残す一方で、「去年の夏の(衆院)選挙で国民のみなさんに約束したこと。まずはそれを実行する視点で議論を始めるのが分かりやすい」と述べた。

【関連記事】
仙谷国家戦略担当相 「次期衆院選で消費税アップ掲げる」
与謝野氏「当面は今のまま」 参院選出馬を否定
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は無警戒
橋下知事が昨夏の各党マニフェスト採点 民主党に「高くつけすぎた」
小泉Jr口撃力に舌巻く亀井氏「人の心理くすぐるのは父親譲りでうまい」

ドロップシッピング業者に業務停止=「確実にもうかる」と虚偽勧誘−消費者庁(時事通信)
普天間問題で協力要請 日米非公式首脳会談で首相(産経新聞)
サル逃げた東山動物園改修「元気な姿見に来て」(読売新聞)
「円谷ッター」エイプリル・アワード堂々の1位(産経新聞)
<麻薬取締法違反>MDMA密輸で米海兵隊員を書類送検(毎日新聞)

セクハラ相談員がキス強要=職安男性幹部を停職処分−大阪労働局(時事通信)

 大阪労働局は2日、女性職員にキスを迫るなどのセクハラ行為をしたとして、大阪府内の公共職業安定所の男性職員(50)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性は職場内のセクハラ相談員に任命されていたという。
 発表によると、男性は課長級の統括職業指導官だった昨年7月、職場の懇親会後に女性職員と2人で行った焼き鳥店内で、約1時間半にわたり、女性の手を握ったりキスを強要したりしたという。 

【関連ニュース】
児童にセクハラ、教諭を懲戒免=富山
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分
男性教授を停職6カ月=学生の受講拒否
セクハラ准教授を解雇=女子学生の体触る
飲酒人身事故の警部補停職=処分受け依願退職

経済対策・財政再建が「両輪」=新党名は持ち越し−与謝野、平沼氏ら(時事通信)
両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策(産経新聞)
与謝野新党 「第三極」狙いに憶測 みんなの党打撃? 小沢氏の影?(産経新聞)
京都大 「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)
ラーメン具の定番「なると」、ブームに乗れず…(読売新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所
債務整理無料相談
副業
安田記念
クレジットカード現金化
探偵事務所 北海道
クレジットカード現金化 比較
競馬情報
selected entries
archives
recent comment
  • <撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
    AtoZ (08/26)
  • <撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
    桃医 (01/12)
  • <撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/03)
  • <撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
    サキューン (12/30)
  • <撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
    こういち (12/25)
  • <撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
    晶太郎 (12/20)
  • <撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • <撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
    パイン (12/12)
  • <撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
    ヘッド (12/07)
  • <撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
    俊之 (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM